【10月実施予定】日本語能力検定試験に合格するための勉強法  〈追加参考にした解説サイト〉                    

日本語教育能力検定試験

 こんにちは。ゆめおい日記のyumekoです! 

前回日本語能力検定試験に合格するための勉強法 ということで、約半年の私の勉強方法をお知らせしました。

今回は、その追加バージョンです。

やはり、頼れるのは先人。  解説サイト!

7月から10月にかけて、何度も過去問を解いたということはお伝えしましたね。

こんな感じでね。

これも、前回のっけた画像。

ひなた
ひなた

過去問を解いて、答えを見ながら〇付けをしたっていうことなんでしょ?

yumeko
yumeko

そのとおり!

でも、過去問を始めたのが7月なんで、一つ一つ参考書のページをめくって復習していたら、時間がかかり何回も解けなくなるのよね。

yumeko
yumeko
 

基本をおよそ(ここ、大事。「およそ」でいい。)頭に入れた後は、過去問を何度も解く(こっちに力を注ぐべき)のが大事!

ひなた
ひなた

なるほど、じゃ〇つけの後が大事ってことよね。

yumeko
yumeko

そう!過去問の本には解答しかのってないから、参考にしたのは、ネット上の解説サイトなのよ。

これ、ほんとに助かったよ

ネットには、たくさんの合格者、そして、現在日本語教師として活躍なさっている方が、何年にもわたっての検定試験過去問の解説をアップしてくださっています。複数のサイトを比べながら、自分が納得できるまでやり直しをすることが可能なのです。
 
yumeko
yumeko

先人に習うのが一番。

 実際に昨年の私も、机の上に「攻略本」「用語集」を広げ、タブレットでサイトを開いたままやり直しを進めていきました。ときに、先輩方も悩み悩み解いていることもあり、勉強がとても身近に感じられました。

おすすめサイト。  yumekoの場合

過去問を解きやり直しをするときに参考にしたのは、これらのサイトです。特に後半になると、「毎日のんびり日本語教師」さんには、ほぼ毎回お邪魔していました。

毎日のんびり日本語教師 | 中国の大学で日本語教師をしています。中国での生活や授業の教案の紹介、日本語の文法、日本語教育能力検定試験などの解説をしています。
中国の大学で日本語教師をしています。中国での生活や授業の教案の紹介、日本語の文法、日本語教育能力検定試験などの解説をしています。
はじめに : 日本語教育能力検定試験問題の解説
日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です...
平成30年度(2018)日本語教育能力検定試験解説
日本語教育能力検定試験には独学で合格できます。 平成30年度(2018)日本語教育能力検定試験をわかりやすく解説します。
yumeko
yumeko

ほんとに、感謝しています。

検定合格して、道を一歩進めましょう!

以上、前回の勉強法への追加でした! 皆さんにもお勧めします!

お読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました