一組に心づくしの日本料理 国産マツタケだっ、どうだっ!◆清か(大分県中津市)◆

食べ物・グルメ
打ち水で、迎えてくれました。

 

今回は、中津駅の南側212号線から少し入ったところ。

日本料理の〈清か〉は、上宮永郵便局のとなりにありました。

大阪で修業したご主人が開いた、完全予約性日本料理店。

この〈清か〉は、大阪で修業したご主人が開いた日本料理店です。

1人で切り盛りしているそうで、1日1組しかお客様を受けないそうです。

だからこそ、1組のお客様に合わせて、料理をベストなタイミングで出してくれます。 鰹節のお出汁も、おいしく食べるには時間制限があるそうです。

                 ◆

お部屋に生けられた花

◆      ◆

今日のお料理

食前酒〈赤武(あかぶ)(岩手県)
お出汁を個室に持ってきました
目の前で注がれます
これが、マツタケ。とても立派です
〈汁物〉岩手産のマツタケ・クエ
おろしたての鰹節の香りを楽しみます。
この汁物は、お出汁だけの味で、調味料は使っていないそうです。
柿の葉(マクサ産)でふたをしたものは?

                 

〈蒸し物〉 茶碗蒸し、でした。 
国東産ワタリガニのほぐし身・ウニ
おろしたてわさび・しその花・ノリの煮物・出汁ゼリーかけ
〈お造り〉
大分県産 天然本マグロの大トロ・中とろ

わさび・みょうが・大葉
お酒を頼んだら、ぐい飲みをたくさん持ってきてくれました。
〈ご飯〉 いくら  酢飯
〈八寸〉
青森産岩モズク+たたきオクラかけ
自家製カラスミ
自家製栗きんとん
愛知産ぎんなんの油揚げ
貝  魚肝  あゆ  
大分A5ランク 黒毛和牛すき焼き風
九条ネギ
甘鯛とマイタケの炊き込みご飯
〈デザート〉
抹茶アイス + 小豆

感想 (お店の雰囲気 仕事ぶり 味 値段)

写真でご紹介しました。一つ一つが丁寧に作られています。

一組なので、できることでしょうが、ご主人が、すべて私たちのために、心を配って料理を提供してくれるのがわかりました。

高級な食材を使っているわりに、雰囲気は自然で、ご主人に何でも聞くことができました。

味は、全体的に薄味で、素材の味を消さないような仕上げでした。 ほんとに、おいしくいただきました。

値段は、10000円を超すので、庶民の私は、ちょくちょく行くことはできませんが、たまのご褒美には、いいですね。本物の味をじっくり味わえる「清か」。

大切につくられた空間とお料理を、ゆっくり楽しめました。

 

yumeko
yumeko

味は書けないので、写真をたくさんとってきました。

お食事代は、安くはありませんが、丁寧なお味をじっくり楽しめるお店でした。

大分県中津市にある清かでした。

上宮永 清か (中津/懐石・会席料理)
★★★☆☆3.02 ■予算(夜):¥10,000~¥14,999

コメント

タイトルとURLをコピーしました