軽くさわやかなお味。日本酒で漬けた梅酒を試飲した!

食べ物・グルメ

6月初旬に漬けた梅酒。

今年は、例年のホワイトリカーに加えて、日本酒でも挑戦しました。

その詳細は、ここ ↓ です。

                 ◆

ホワイトリカーは6ヶ月を過ぎないと飲めませんが、日本酒の方は1ヶ月を過ぎれば飲めるようです。

7月を過ぎたところで、飲めるのは今か今かと待ちわびていました!

さあ、開栓!

日本酒で作った梅酒。 その色。

青いふたのはホワイトリカーで作った梅酒  赤いふたが日本酒梅酒

               ◆

さすが、1ヶ月では、まだ色はあまり出ていません。

ほのかに色がついているかなぁ~というくらいでした。

ホワイトリカー版は、あと5ヶ月後だとして、日本酒はもう飲めるらしいけど。

1年ものの梅酒を先日のみ終えた私には、色が薄いなあと思いました。

けど、試飲は予定通りに「GO-!」です。

               ◆

日本酒で作った梅酒。 その香り。

グラスに注いでみたら、こんな感じ。

ふたを開けて、グラスに注いでみました。

梅の香りがします。

試しに、ホワイトリカー版の梅酒もふたを開けて香りを比べました。

日本酒で漬けた梅酒・・・しっかり梅の香りが出ている。
ホワイトリカーで漬けた梅酒・・・焼酎のにおい(刺激のある)が強くて、梅の香りはあまりしない。

ということで、ホワイトリカー版が6ヶ月かかるというのに納得です。

それに比べ日本酒の方は、その香りから、梅エキスが抽出されている感じがします。

                ◆

日本酒で作った梅酒。 そのお味。

まずは、そのまま飲んでみました。

おいしい!

梅の香りがさわやかです。

フルーティーといえばいいのでしょうか、とても飲みやすいです。

ホワイトリカー版は、まだ飲めないのですが、スプーン一杯だけすくって、味を比べてみました。

日本酒で漬けた梅酒・・・まろやかな日本酒に梅のエキスが加わって飲みやすいです。
ホワイトリカーで漬けた梅酒・・・まだ早すぎるからでしょうが、梅の香りはあまりしなくて、キリっとした焼酎の風味。半年後までお預けですね。

               ◆

【まとめ】 梅酒は、ホワイトリカー? 日本酒?

私のアルコールの好みは、甘めです。

日本酒や焼酎も飲みますが、それより炭酸や果汁の入ったチューハイの方が好きです。

例年作っているホワイトリカーの梅酒は、オンザロックよりも、炭酸やサイダー(甘味料入り)で割って飲む方が好きです。

そんな私にとっては、軽くて、とても飲みやすい梅酒となっていました。

その後、日本酒梅酒を、氷を入れたストレートでいただきました。

日本酒梅酒、好きだわ~。

しかし、保存はホワイトリカーの方が勝るでしょうし、濃さも調整しやすいと思います。日本酒の方は、ワインで言えば〈ヌーボー〉みたいな感じかな。

              ◆

アルコールは辛めが好き、という人には向かないかもしれません。まあ、そんな方は、梅酒自体を飲みませんよね。ただし、梅酒が好きな方は、是非試してみるといいと思います。

日本酒の梅酒を作るときは、20度以上でないとダメだそうです。アルコール度数が低ければ、発酵してしまい新たなアルコールが作られることとなり、酒税法に触れるそうです。

そのため、梅酒用の日本酒を使う必要があるそうです。

  • 梅酒用なら、日本酒は、アルコール度数20度以上のものを使うこと。
  • 氷砂糖は少なめにする。(私はホワイトリカーなら、梅1㌔・ホワイトリカー1.8ℓ・氷砂糖500g、  日本酒には、梅1㌔・日本酒1.8ℓ・氷砂糖300gで作りました。 およそですが。)

               ◆

日本酒で梅酒を作るときは、20度以上の日本酒を使うなど、注意することもありますが、できあがりも早く、飲み口もさわやかでした。

梅酒がお好きな方、来年、日本酒の梅酒にも挑戦してみてはどうでしょうか?

梅酒用の日本酒って、こんなの ↓ です。

【楽天市場】<梅酒・果実酒用>日本酒苗場山(なえばさん)日本酒720ml果実酒用ホワイトリカーの代わりに是非お試しください新潟地酒:苗場酒造
果実酒用日本酒/日本酒/梅酒用/ホワイトリカー。<梅酒・果実酒用>日本酒苗場山(なえばさん)日本酒720ml果実酒用ホワイトリカーの代わりに是非お試しください新潟地酒
【楽天市場】35度 ホワイトリカーパック都桜 1.8L 本格焼酎乙類<送料無料対象外品>:くまの焼酎屋
リカー乙類最安値に挑戦! 1本あたり1,098円。35度 ホワイトリカーパック都桜 1.8L 本格焼酎乙類<送料無料対象外品>
yumeko
yumeko

おいしかったです。もう一つの梅酒も楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました